からだ相談室(その他のご質問)

  • トップ>>
  • からだ相談室(その他のご質問)

診療や内視鏡に関して、よくあるご質問にお答えします

私は花粉症なのですが、検査はできますか?

検査の前には、粘膜を収縮させるスプレーを噴霧して鼻腔を広げて通りをよくしますし、炎症を起こした粘膜を保護するために麻酔の入ったゼリーを塗りますから、ほとんどの場合は大丈夫です。

鼻から入れる内視鏡は口から入れることもできるのですか?

もちろん口からの挿入もできます。ただ、舌の奥にスコープが触れますから、咽頭反応は少なからず起こります。

鼻から挿入できないこともありますか?

あります。鼻腔が曲がっている方や、鼻腔が狭い方がまれにいます。その場合は口からの検査になります。

鼻から入れる内視鏡はどれくらいの太さですか?

先端の太さ5.9mmで、うどんの太さに例えられます。(参考:口から入れる内視鏡は、先端の太さ9~10mm)

実際、どういう人に向いているのですか?

口からの内視鏡検査で苦しかった経験を持つ人、バリウムによるエックス線検査が嫌いな人に適しています。また健康診断や人間ドックなどの予防的な検査では病巣の早期発見に威力を発揮します。

健康保険は適用されますか?

適応されます。金額は検査の内容によって多少異なりますが、3割負担の場合、自己負担額は5,000円が目安です。ただ、人間ドックや健康診断で内視鏡検査をする場合(自覚症状がない場合)は、自由診療となり、その分費用がかかります。

口から入れる内視鏡と比べて、検査時間に違いはありますか?

検査時間は変わりません。ただ、苦痛が軽減されます(軽減の程度には個人差があります)ので、多くの方が検査を短く感じられるようです。

鼻から挿入して痛くありませんか?

個人差はありますが、麻酔をするなどの前処置をしっかりと行うことで、多くの方々はあまり感じないとおっしゃっています。ただし、内視鏡検査ですので、挿入時の違和感がまったくないわけではありません。

鼻血がでるようなことはないのですか?

ほとんどありません。鼻の粘膜を保護するなどの前処置をしっかり行うことと、医師もカメラの映像を見ながら挿入することで、鼻を傷つけることなく行うことができます。

鼻の奥を傷つけるようなことはないのですか?

最近の内視鏡は、スコープの先端部分がしなやかになり、鼻の中を通るのに適した柔らかさになっています。また鼻腔を広げたり、通りをよくする麻酔が使われるなど、工夫がなされています。詳細は医師にご確認ください。

ページ上部へ

在宅支援診療所 岡部内科消化器科クリニック

〒791-8043 愛媛県松山市東垣生町136